牛久大仏

この記事は約1分で読めます。


牛久大仏(うしくだいぶつ、正式名称:牛久阿弥陀大佛)は、日本の茨城県牛久市にあるブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120m(像高100m、台座20m)
立像の高さは世界で4番目
ブロンズ立像としては世界最大 ギネスブック認定

(歩いている人と比較するとわかりますが凄い大きいです)
浄土真宗の開祖が、親鸞聖人(1173年~1262年)
親鸞は後鳥羽上皇の怒りを買い、1207年に越後国に流罪に処せられます
その4年後に赦免された後、常陸国(現在の茨城県)に入り、関東における布教の拠点としたのです
県内には親鸞ゆかりの寺や事跡が多く残っており、この牛久の地もそのひとつなのです


牛久大仏(牛久阿弥陀大佛)
宗派浄土真宗東本願寺派
本尊阿弥陀如来
所在地 茨城県牛久市久野町2083

タイトルとURLをコピーしました