銭洗弁財天宇賀福神社

この記事は約2分で読めます。

お金を洗う神社で有名なところですね
前々から一度来てみて買ったのですが、今回の一之宮参拝にをしようと決めた時
是非とも訪れたいと思っていた一社です

鎌倉幕府初代将軍である源頼朝が、巳年・巳の月・巳の日に宇賀福神から夢でお告げを受けました
それは、この地に湧く水で神仏を祀れば世の中が平和になるとのお告げでした
そして頼朝がこの地に宇賀福神を祀ったことから、文治元年(1185年)が銭洗弁財天の始まりとされています
また、同じく巳年の正嘉元年(1257年)に北条時頼がこの霊水でお金を洗い一族繁栄を祈願したことがきっかけで銭洗の風習が広まったといいます
今では洗えば銭が増えるとの信仰が広く知られるようになりました
明治の神仏分離以降は、宇賀福神と弁財天が習合して弁財天と呼ばれるようになっています


急坂を登っていくとぽっかりと空いた神社の入り口となっているトンネル
四方を急峻な崖で囲まれており、入り口は隧道になっている。第二次世界大戦の頃まではこの隧道は無く、現在「裏参道」と呼ばれる南側の細い参道が本来の入口であった
ヒンヤリしたトンネル内の空気からは、パワースポットなるものの雰囲気を感じ取ることが出来ます
お金を洗うためのザルが山積みに
ここでザルと線香(100円)を受け取り、奥宮の洞窟内でお金を洗います

清めたお金はハンカチなどで拭いて、ザルは定位置にお戻しします
お金は、大事にとっておくよりは使った方が良いと個人的には思っています
これについては諸説あるようですが…
この洗ったお金で財布を買う予定です

奥宮にお賽銭をして
おみくじを引いてみました
お参り後
面白そうなおみくじを見つけたので引いてみました
その名も『水みくじ』
用紙を水に浮かべると文字が出てくるというものだそうで


竜の泉?のところで水に浮かべてみます
ダメだこりゃ…小吉
結んで置いてきました


銭洗弁財天宇賀福神社
本宮:市杵島姫命
奥宮:宇賀神(弁財天)
鎌倉駅西口から徒歩で20分

相模国 一ノ宮を巡ってきた
一ノ宮巡拝を始めた数年前のWikipediaでは、相模国一宮は、寒川神社と鶴岡八幡宮の2社であったが、2017年では、寒川神社のみとなっている だがしかし、鶴岡八幡宮は、「全国一の宮会」に入会しているので、せっかくなので1日で巡ってみまし...
タイトルとURLをコピーしました