御霊神社

この記事は約1分で読めます。

御霊神社(ごりょうじんじゃ)は神奈川県鎌倉市にある神社
旧社格は村社
通称(鎌倉)権五郎神社(ごんごろうじんじゃ)として知られている

鎌倉権五郎景政が手玉にとって袂に入れたという石。

袂石たもといし(右)約60キログラム・手玉石(左)約105キログラム
御霊神社入り口にある「力餅家」の「権五郎力餅」は、御霊神社の「手玉石」を模して作られているのだという
推定樹齢370年のタブノキは「かながわ名木100選」
事前に調べてたのに、撮り忘れてる

樹齢約400年の夫婦銀杏(めおといちょう)
毎年多くの銀杏の実を結ぶことから夫婦円満、家内安全、子宝安産のシンボルとされています
こちらは、撮り忘れなかった
鳥居の前を江ノ電が横切る!
鳥居のすぐ前を江ノ電が走る珍しい神社


参道から見るとこんなに近い
鳥居の前を、江ノ電が走り抜ける様子は鎌倉らしい風景

御霊神社 別名:権五郎神社
主祭神 鎌倉権五郎景政
社格等 村社
所在地 神奈川県鎌倉市坂ノ下4番9号

相模国 一ノ宮を巡ってきた
一ノ宮巡拝を始めた数年前のWikipediaでは、相模国一宮は、寒川神社と鶴岡八幡宮の2社であったが、2017年では、寒川神社のみとなっている だがしかし、鶴岡八幡宮は、「全国一の宮会」に入会しているので、せっかくなので1日で巡ってみまし...
タイトルとURLをコピーしました