天狗の由来

この記事は約2分で読めます。

中国から伝来
天狗はもともと、中国において凶事を知らせる流星を意味するものだった
空中で爆発し、大音響を発する
この大爆音を、天を駆け降りる犬の咆哮に例えたという
そのため天狗には犬神という別名がある
そもそも天狗の「狗」は犬を意味するから当然
よく、アニメや漫画などで、遠くにいる仲間が戦いで命を落とすと、突然流れ星が流れ
「〇〇よ、逝ったか・・・」
などの演出があるが、これは良くない事がきたと暗示する表現である
中国では昔から彗星の出現は大凶兆であるとされてきた
凶獣としての天狗が有名で、天狗には天犬の別名もある
天狗が彗星になったことから、天狗も凶兆とされるようになってしまったのである

日本では
日本における初出は『日本書紀』舒明天皇9年2月(637年)、都の空を巨大な星が雷のような轟音を立てて東から西へ流れた
人々はその音の正体について「流星の音だ」「地雷だ」などといった
そのとき唐から帰国した学僧の旻が言った
「流星ではない。これは天狗である。天狗の吠える声が雷に似ているだけだ」

しかし、平安時代に再び登場した天狗は妖怪と化し、語られるようになる
他の中国から伝来した他の妖怪達と同様に、天狗は日本に伝わると徐々に日本特有のものに変わっていくのです
結局、中国の天狗観は、日本では根付かなかったという事になる
つまり、中国では凶事を知らせる、流星を「天狗(てんこう)」
日本では、山に住む妖怪⇒山の神へ変わっていく「天狗(てんぐ)」
ちなみに、日本の三大妖
鬼・河童・天狗
あとで時間があれば、鬼や河童も調べてみようと思う

天狗について まとめ一覧
義経に修行をつける鞍馬天狗 天狗の由来 天狗と山岳信仰 大天狗の見た目や装備 天狗道と六道輪廻それに魔縁 日本八大天狗 神8 TENGU48 日本全国の四十八天...
タイトルとURLをコピーしました