雨引観音 楽法寺

この記事は約1分で読めます。

楽法寺(らくほうじ)は、茨城県桜川市本木にある真言宗豊山派の寺院である。山号を雨引山と称し、雨引観音ともいわれる

安産・子育ての霊験あらたかな寺院
今も安産や、生まれた子供の健康を願う家族客が多いのが特徴です。また、6月上旬から7月中旬には美しいアジサイが境内に咲き誇ります
今では約10種3,000株にまで増えたとの事
中国から帰化した法輪独守居士が587年に開山したと伝えられる古刹です
聖武天皇、光明皇后の帰依が厚く、その後、弘法大師によって真言宗の道場となりました


残念ながら、あじさいは見られなかった
山号 雨引山
宗派 真言宗豊山派
本尊 観音菩薩(寺伝延命観音)
〒309-1231 茨城県桜川市本木1

タイトルとURLをコピーしました