代参と『講』

この記事は約3分で読めます。

参勤交代は、江戸へ向かい
江戸から国元へ帰る
(およそ、3月から7月)
ですが、庶民(農民)は違います
江戸見物が出来る庶民は一握りです
そして、庶民はもう一つ制限が与えられます
勝手に離村できない
旅行の自由さえなかったのです
ところが、これには但し書きがあります
1、自分の作ったものを売りに行くこと
2、巡礼で、神仏に公の祈願をすること
この2つの但し書き(建前)を守れば、大体は可能になる
そこで、”講”が重要となる
代参は代表者が代わりに参拝するというもの
時期としては、稲の収穫が終わり、正月を迎えると旅にでる
田植えまでの時期は暇になるし、参勤交代にも遭わない
では、代参講とは
例) 村人50人がいるとして、1年間2万円を集める 合計で100万円になる
50x20000=100万 
50人の中から5人代表者を決め、50人分のお札を貰ってくるのだ
100万円を代表者5人で割れば、一人当たり20万使えることになる
この制度を10年繰り返せば、全員がお参り出来るようになり、10年に1度の参拝を非常に楽しみにしていたという
しかも、お金が無くなるまで自由に使えたのだ
代参講で有名な講は
伊勢講
成田講
甲子講
秋葉講
三峯講
熊野講
金毘羅講
霧島講
大山講
出羽三山講
榛名講
戸隠講
富士講
御嶽講
津島講
稲荷講
大峯講など有名な神社・仏閣

当時、最も人気の目的地は伊勢神宮でした
というのは当時の民衆は自由に旅行することはできず、参詣・参宮のための信仰上の理由での旅行のみ許されていたためです
しかし、江戸から伊勢参りに行った人のほとんどは、参宮の後で京都、大阪まで足を延ばして、名所・旧跡を巡り、芝居や繁華街の見物を楽しんでいました
「伊勢参宮大神宮へもちょっと寄り」
この川柳から、人々は伊勢へと言って旅に出るものの、目的であるはずの参宮は「ちょっと」で、観光がメインの目的だった様子が窺えます
また、民衆の楽しみは遠方への旅行だけでなく、花見・夕涼みなど市中や近郊での行楽へと広がって行きます
それらの遊びは当初は武士のものでしたが、町民たちも取り入れて、楽しむようになります
この頃、日本の識字率は世界の中でも高かった
講で集めたお金を、何に使ったかを書き残す為
日記帳と筆は必需品だったという
書けなくても、勘定表は必須だったようです
最低でも、20泊
長いと50泊
坂迎え・境迎え
伊勢参宮など、神仏参詣の旅をした者が帰ってきた際に、親戚や村の者が村境まで出迎えて、盛大に共同飲食・宴会すること
出発時には、坂送り
そして、村にもどり土産話をしながら、各人にお札を渡す
お土産品は、饅頭や甘いものが好まれたようです
また、勘定表を見せながら土産話をするのだが
遊郭で遊んだ場合などは、そのまま書かず神楽を上げた事にしたようだ
自由がない中の事を考えると、ワクワクするでしょうね
現代においても、代参講は存在する

タイトルとURLをコピーしました