熊野皇大神社

この記事は約2分で読めます。

熊野皇大神社、長野県軽井沢町
熊野神社、群馬県安中市

参道と本宮の中央を県境が通る
全国でも、珍しく県境に神社がありそれぞれ名前が違う
社殿は一つの神社だが、宮司や社務所、賽銭箱、お守り、ご祈祷は別々である
*今回は、熊野皇大神社(長野側)について

賽銭箱も別です
参道と本宮の中央を県境が通る
長野県側は神社庁により特別神社に指定されている熊野皇大神社(くまのこうたい じんじゃ)と称される
本宮は伊邪那美命、日本武尊(ヤマトタケル)
長野県側の那智宮は事解男命を祀る
群馬県側の新宮は速玉男命を祀る
和歌山県の熊野三山、山形県の熊野神社 (南陽市) と並び日本三大熊野と称される

熊野皇大神社(長野側)の看板には群馬側は小さく載っている
長野側のほうが主張が強い気がします

こうした立地を生かして、熊野皇大神社は2018年1月に“境界御守”を売り出した
「自分の限界を乗り越えろ」という意味を込めたという
長野県側が熊野皇大神社は軽井沢の総氏神でもある
御朱印も長野側のほうが多く
主張が強い

開くと、見開きで立体的な御朱印になっております

八咫烏の社紋 雨でにじんでしまいました


コチラの八咫烏の御朱印
わけて、それぞれを貼るとこの様になります
飛び立つことをイメージしている様です

熊野皇大神社
主祭神
伊邪那美命
事解男命
〒389-0101 長野県北佐久郡軽井沢町大字峠町2

タイトルとURLをコピーしました