秩父神社 知知夫国一之宮(新一之宮)

この記事は約2分で読めます。

秩父神社(ちちぶじんじゃ)は、埼玉県秩父市にある神社
武蔵国四宮
知知夫国では一之宮とされる(新一之宮)

秩父地方の総鎮守である。三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社
12月の例祭「秩父夜祭」で知られる
京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに日本三大曳山祭及び日本三大美祭に数えられ、多くの観光客が訪れる
また、アニメ『あの花』の聖地としても知られる



拝殿
『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、八意思金命の十世孫の知知夫彦命は崇神天皇(第10代天皇)の時代に初代知々夫国造に任命され、「大神を拝祠」したという
この「大神」は知知夫彦命の祖である八意思兼命をさすと考えられ、秩父神社ではこれをもって神社の創建としている
さらに允恭天皇年間に知知夫彦命の九世子孫である知知夫狭手男が知知夫彦を合わせて祀ったといわれる
地域名の「秩父」の名を冠するが、「知知夫」から「秩父」に変わった時期は明らかではない
なお、「秩父」の初見は708年である







左 甚五郎(ひだり じんごろう、ひだの じんごろう)は江戸時代初期に活躍したとされる伝説的な彫刻職人
有名なところだと、日光の眠り猫がありますね
また、左甚五郎を題材とした落語
・竹の水仙
・ねずみ・三井の大黒
・四つ目屋
・叩き蟹
などでも知られる

天神地祇:天つ神と国つ神。すべての神々
一般に、天神は高天原(たかまがはら)に生まれた神、あるいは葦原の中つ国に天降った神、地祇はこの国土の神とされる


秩父神社
主祭神
八意思兼命
知知夫彦命
天之御中主神
秩父宮雍仁親王
〒368-0041 埼玉県秩父市番場町1−3

タイトルとURLをコピーしました