氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ)武蔵国一宮

この記事は約2分で読めます。

氷川女体神社(ひかわにょたいじんじゃ)は、埼玉県さいたま市緑区にある神社
旧字体の氷川女體神社である
武蔵国一宮を称する
全国一の宮会加盟社。旧社格は郷社

主祭神
奇稲田姫命:須佐之男命の妻。大宮(さいたま市大宮区)の氷川神社(主祭神:須佐之男命)を「男体社」とし、それに対し当社は「女体社」にあたる
配祀神
三穂津姫命
大己貴命

社伝では、崇神天皇の時代に出雲大社から勧請して創建されたと伝える
近世の文書や拝殿の額に「武蔵国一宮」と記されている
これは大宮の氷川神社と当社、および中山神社(簸王子社)の三社を一体のものとして、大宮の氷川神社が武蔵国一宮であることから当社もそれに含まれると解釈したものである

この地域の見沼には次のような氷川様が存在する
氷川神社<男体社> 須佐之男命 (夫)
氷川女体神社<女体社> 奇稲田姫命 (妻)
中山神社<氷王子社>  大己貴命 (子)
3社で一体の氷川神社を形成して見沼を神池「御沼」として広大な神域を有していた、とする説がある



御朱印を貰う時に、一之宮御朱印帳をだしたら次のような紙を戴いた
読みあげて参拝しました

江戸時代に橘三喜がここから巡拝を始めたという一の宮巡り発祥の地であり、それらのことから現在は、氷川神社と共に「全国一の宮会」に加盟している


氷川女體神社
埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目17-1

タイトルとURLをコピーしました