草加神社

この記事は約1分で読めます。


草加神社は、草加市氷川町にある神社です
草加神社の創建年代は不詳ですが、天正年間(1573-1592)に大宮氷川神社を勧請、氷川社と称して創建、南草加村の鎮守社であったといいます


力石
明治6年村社に列格、明治42年に谷古宇稲荷神社、高砂八幡神社、宿篠葉神明神社など近隣の11社を合祀、草加神社と改称したといいます

草加神社は氷川社ともよばれ、天正(1573-1592)の頃、小さな祠を祭ったのが始まりと伝える
その後、享保二年(1717)四月十六日、正一位氷川大明神の位がおくられている
明治四十二年(1909に付近の十一社を合祀し、社名を草加神社と改めた
本殿は、間口二・二七メートル、奥行一・九一メートル・向拝の出一
七三メートルの一間社流造である
建物は天保(1830-1843)頃の造営と伝えている
屋根は銅板葺とするが本来は桧皮葺であったと思われる
棟をT字型に配し、正面に千鳥破風を見せているのは棟に鰹木・置千木を用いているのと併せて装飾性も持たせるための手法と思われる
銅板葺のやや厚ぼったい軒先は護持のためよむをえないが、現在は本殿全体を保護するために覆屋が作られているので、流造本来の姿に戻せたらと思われる
草加神社
祭神 須佐之男命
草加市氷川町2118-4

タイトルとURLをコピーしました