スーレーパゴダ周辺観光

この記事は約2分で読めます。

スーレーパゴダ


名称:スーレーパゴダ(パヤー)Sule Pagoda
住所:Junction of Sule Pagoda Road,Yangon Myanmar
拝観時間:午前6時~20時
拝観料:US3ドル又は5,000チャット ※靴の預け代1,000含む
公式サイトURL:http://yangon-rangoon.com/sule-pagoda.html

ミャンマー最大の都市ヤンゴンの中心部にあり、高さ約48メートルの黄金色のパゴダ(仏塔)を持つ寺院です
大半は丸いパゴダが一般的ですが、この寺院のパゴダは八曜日の守護神がパゴダの周りに祀られていることから八角形をしています
伝承によれば、2000年前、仏陀、釈迦の遺髪を納めるために建てられたと伝えられている
1880年代に統治下の英国によって再建されました

短パンはダメ 裸足なる必要がある

はだしになる必要があるが、夜遅くまで入場できる
観光地というより街の人々の生活に溶け込んだ寺院という印象
いつ行っても祈っている人が絶えない。夜はライトアップして美しい
独立記念塔のある 公園と合わせて散策すべし

マハバンドゥーラ公園

「マハバンドゥーラ公園(Maha Bandula Park/Maha Bandula Garden)」を訪れました
広々としていて、緑が多い公園内では、本を読んだり、子どもと遊んだり、お弁当を食べたり、デートしたり、昼寝をしたり…地元の人が思い思いに過ごす憩いの場になっています

スーレー・パゴダの南東にあるマハバンドゥーラ公園の中心に、高さ46mの純白の独立記念碑があります
スーレー・パゴダと同じ高さです

マハバンドゥーラ公園は、ダウンタウン中心部にあり、とても広くて分かりやすい場所にあります
観光の際は、まずは黄金に輝くスーレー・パゴダを目指すと、すぐにアクセスできると思います

セントメアリー大聖堂

セントメアリー大聖堂は、ヤンゴンにある仏教国ミャンマーでは珍しいキリスト教の教会です
ミャンマー最大の大聖堂といわれており、その荘厳な外観は見る者を魅了します


内部は美しいステンドグラスで彩られ、差し込んだ光の幻想的な雰囲気に思わずうっとりしてしまうことでしょう
よく見ると使徒や聖書のエピソードが描いてあるので見ごたえがありますよ!
教会の周囲には鐘の音色が響き渡り、心が洗われるような気持ちになります。観光の際は地元の人々とともに祈りを捧げてみてはいかがでしょうか

多神教の日本人ならではの、スポットですね

タイトルとURLをコピーしました