Shwedagon Pagoda[ミャンマー]行く前に知っておきたいこと

この記事は約3分で読めます。

シュエダゴンパゴダ Pagoda

今回泊まったホテルは、日本人には嬉しい露天風呂付
東屋ホテルミャンマー https://azumayamyanmar.com/
景色も朝食も最高でした

開場時間は朝5時〜夜21時まで

朝の早い時間から、夜遅くまで参拝できます
ライトアップされた夜も、とても綺麗ですよ

半ズボン・スカート・タンクトップは禁止

ミャンマーでは普通の事
どこのバコダに行っても普通の事なので、気を付けてください

外国人料金がある

ある程度、大きなバゴダになると外国人料金を徴収する人がいます
入場料だと思ってください
現地の人はお金はかからないようです

八曜日は覚えておきたい

八曜日占い https://www.mitsuiwa.co.jp/fortune_telling/
ミャンマーの人々は伝統的な暦は1週間が8日ある「ビルマ暦」で、人々は大事な行事や未来を占う時など、このビルマ暦をとても大切にします
1週間8日とは「月、火、水(午前)、水(午後)、木、金、土、日」で、水曜日が午前と午後で2日に分かれます

それぞれの曜日で方角、守護動物、支配星が決まっており、寺院には必ず各方角に八曜日の祠があります。祠には仏像と守護動物が祀られていて、人々は自分の生まれた日の曜日を調べ、その祠をお参りし、花やろうそく、線香などをお供えするのです

お供えにも意味があります

水は「平穏な人生」、花は「美」、ろうそくは「賢」、線香は「名声」を表します
興味ある方は、自分の誕生曜日をあらかじめ調べておくと、お参りがいっそう満足できるかもしれません

祈り方は独特

寺院では、まず自分の誕生曜日の祠にお祈りをすることから始まります
●自分の誕生曜日の祠に行き、祠の前で正座して両手を額の前に合わせてお祈りし、三拝します

●願いを込めて仏像に水を1~3回かけます。祠の近くに、水の入ったバケツなどがあります

●守護動物にも水を忘れずに。 空になったバケツなどは、水を入れて元の場所に戻しておきましょう

誕生曜日の祠以外にも、さまざまな仏像が祀られています
中でも仏様の前に石が置いてある場合があります
願い事をした後に、その石を持ち上げて「軽い」と感じたら願いごとは叶い、「思い」と感じたら叶わない、とされています

石のある仏像の前では、
●誕生曜日の祠同様、仏様の前に置いてある石の前で正座して、両手を額の前に合わせて願い事をし、三拝します

●参拝後、目の前の石を持ち上げてみましょう。軽いと感じたら願い事がかなうかも!?

「シュエダゴン・パゴダ」のまめ知識

●今から2500年前に作られたミャンマーの聖地

●黄金の仏塔の高さは約

●仏塔にはダイヤやルビーなど、約6,000個の宝石が埋め込まれている

●最も大きい宝石は76カラットのダイヤモンド

以上、首都No.1観光スポットの注意点でした

タイトルとURLをコピーしました