丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ)紀伊国一宮

この記事は約2分で読めます。

丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ/にうつひめじんじゃ)は、和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある神社
式内社(名神大社)、紀伊国一宮
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社

読みにくいですが、社号が書いてあります

別称として「天野大社」「天野四所明神」とも
全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社である
「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されている

この神社は約1700年も前に創建されたとか
主祭神は天照大御神(あまてらすおおみのかみ)の妹神・丹生都比売大神(にうつひめおおかみ)で、大神を祀る全国約180神社の総本社
つまり女性の神様をお祀りしています

丹生都比売大神の御子に当る高野御子大神と共に紀伊・大和地方を巡歴し、人々のために農耕殖産(衣食の道・織物の道)を教え導き、最後に天野の地に鎮まる

紀元816年に弘法大師・空海がこの神社から神領である高野山を借り受けて、真言密教の総本山を開創したとされています
と言うわけで、「神仏融合」の始まりの神社とされる由緒ある神社なのです


また、朱色の太鼓橋も実に見事です
この太鼓橋は神さまが渡る橋らしく、人は遠慮すべきものだとか


室町時代に建てられた本殿、楼門は国の重要文化財で、平成16年に世界遺産に登録されています
太鼓橋・参道から見える楼門は見事ですよ


これら4神は「四所明神」とも総称される
第一殿:丹生都比売大神 (にうつひめのおおかみ)
通称「丹生明神」。古くより祀られていた神

第二殿:高野御子大神(たかのみこのおおかみ)
通称「狩場明神」。高野山開創と関係する神

第三殿:大食津比売大神 (おおげつひめのおおかみ)
通称「気比明神」。承元2年(1208年)に氣比神宮(福井県敦賀市)からの勧請と伝える

第四殿:市杵島比売大神(いちきしまひめのおおかみ)
通称「厳島明神」。第三殿と同年に厳島神社(広島県廿日市市)からの勧請と伝える

公共機関でのアクセスはよくない

今回は、最寄り駅からタクシー(2500円くらい)
参拝後は、コミュニティバス(500円しない)を利用しまたが、コミュニティバスが2~3時間に1本なので、帰りは相当待ちました

丹生都比売神社 紀伊国一宮
主祭神
丹生都比売大神
高野御子大神
大食津比売大神
市杵島比売大神
所在地 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230

タイトルとURLをコピーしました