氷室神社

この記事は約1分で読めます。

氷室神社(ひむろじんじゃ)は、奈良県奈良市にある神社
式内小社(論社)、旧社格は村社

さて、今回は何故この神社に来たか?? なのですが
実は、奈良はかき氷の街に変貌してるのは御存じでしょうか?
その、氷の神様なのです


境内に祭られた板氷

由緒は「氷室神社縁起」絵巻に記されており、また『続日本紀』や『元要記』にも散見される
和銅3年(710年)、元明天皇の勅命により、吉城川上流の月日磐に氷神を奉祀し(下津岩根社)、厳寒に結氷させたものを氷室に蓄え、翌年に平城京へ献氷させる制度が創始された
翌和銅4年(711年)6月1日に初めて献氷の勅祭が興され、以降毎年4月1日より9月30日まで平城京に氷を納めた



氷室神社
主祭神

闘鶏稲置大山主命
大鷦鷯命
額田大仲彦命
所在地 奈良県奈良市春日野町1-4



奈良観光 大人の旅2日間

タイトルとURLをコピーしました