橿原神宮(かしはらじんぐう)

この記事は約3分で読めます。


橿原神宮(かしはらじんぐう)は、奈良県橿原市の畝傍山の東麓、久米町に所在する神社である

初代天皇であると伝えられる神武天皇が橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき建てられました。祭神は神武(じんむ)天皇とその皇后・ヒメタタライスズヒメです
本殿は京都御所の賢所(かしこどころ)を移築したもので、文華殿と共に重要文化財に指定されています

鳥居も素木造り(しらきづくり)といって、色を塗らずに木の地肌や風合いをそのまま生かした造り
これは橿原神宮が皇室ゆかりのお社であることを示していて、一般的に、ご祭神が「天皇」もしくは「天皇や天照大神の系譜」の神社の場合、鳥居は素木造りといわれています


参道からもわかるが、とにかく、広い!!

記紀において初代天皇とされている神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命を祀るため、神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったとされるこの地に、橿原神宮創建の民間有志の請願に感銘を受けた明治天皇により、1890年(明治23年)4月2日に官幣大社として創建された


勅使しか通れない道がありました
さすが、天皇家のゆかりの地ですね


大きな手水舎


主祭神
神武天皇 初代天皇
媛蹈鞴五十鈴媛命(比売多多良伊須気余理比売)初代皇后

深田池

橿原神宮の境内の中で最も古い場所
橿原神宮ができるよりずっと前、少なくとも万葉の時代から既に存在していたといわれ、古より続く橿原という地の歴史の深さを感じます
南神門前広場の南方にあり、面積は約1万5000坪
畝傍山の南斜面から流れ込む雨水が水源となっています

境内へ


外拝殿(げはいでん)

ひろ~い
第一代天皇をお祀りするために、近代の神社建築の粋を尽くした造りになっています
外拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、広がっていくような屋根の形は「争うことなく一つの屋根の下で肩を寄せ合って暮らせる世界を」という神武天皇の理想を表しています

内拝殿は毎年2月11日「建国記念の日」に行われる例祭「紀元祭」などの橿原神宮の祭典や、特別参拝が行われる拝殿です
※内拝殿には通常入れません

右に見えるのは大絵馬(おおえま)
その大きさにびっくり!高さ4.5m、幅5.4m
一般的な絵馬に比べて1600倍近くもあるという巨大な絵馬
これは今上天皇の生誕を祝って、昭和35年(1960)に近鉄(近畿日本鉄道)が奉納したのが始まり
毎年、年末になると外拝殿に翌年の新しい大絵馬に替わるのが恒例となり、平成31年(2019)の亥年で60回目となりました

奥に見えるのが、内拝殿さらに、その奥が本殿
※内拝殿には通常入れません
本殿は京都御所の賢所(かしこどころ)を移築したものです

とにかく広い、奈良県内では春日大社と並んで初詣の参拝者数が多い神社である
この広い敷地が、人でいっぱいになるというのだから驚きです


社紋が美しい


橿原神宮(かしはらじんぐう)
主祭神
神武天皇 初代天皇
媛蹈鞴五十鈴媛命(比売多多良伊須気余理比売)初代皇后
〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

タイトルとURLをコピーしました