神武天皇 畝傍山東北陵

この記事は約2分で読めます。


神武天皇陵(初代天皇)は畝傍山の北東のふもとに位置し、正式には「畝傍山東北陵(うねびやまのうしとらのすみのみささぎ)」といいます

橿原神宮に行ったら、是非寄ってください


静寂の中を歩いていきます
自分の足跡しか聞こえません
背筋がピンと伸びます


畝傍山(うねびやま)の北東の麓、橿原神宮に北接する神武天皇陵は、円丘で周囲は約100m、高さ5.5mの広い植え込みがあり、幅約16mの周濠をめぐらせています
日本書紀、古事記によると、初代天皇とされる神武天皇(在位:前660年~前585年)は日向(宮崎)地方から、瀬戸内海を東に進んで難波(大阪)に上陸しましたが、生駒の豪族に阻まれたため、南下して熊野に回りました
そこで出会った3本足の「八咫烏」(やたがらす)というカラスに導かれて、吉野の険しい山を越えて大和に入り、周辺の勢力も従えて、大和地方を平定しました
そして、紀元前660年の1月1日(新暦2月11日)に橿原宮で即位し、初代の天皇になりました



深々と礼をして神武天皇陵を後にしました
日本を創ってくれてありがとうございます

■代数:第1代
■天皇名:神武天皇
(じんむてんのう)
■御父:草葺不合尊
■御母:妃玉依姫命
■御陵名:畝傍山東北陵
(うねびやまのうしとらのすみのみささぎ)
■陵形:円丘
■所在地:奈良県橿原市大久保町
■交通機関等:近鉄「畝傍御陵前」下車 西へ0.7km
■陵印保管場所:畝傍陵墓監区事務所

タイトルとURLをコピーしました