茨城縣護國神社

この記事は約2分で読めます。

護国神社(護國神社、ごこくじんじゃ)は、国家のために殉難した人の霊(英霊)を祀るための神社
1939年に招魂社から改称
戦前は内務省によって管轄されていたが、戦後は独立の宗教法人となる
指定護国神社は東京都と神奈川県を除く道府県に建立され、その道府県出身ないし縁故の戦死者、自衛官・警察官・消防士等の公務殉職者を祭る

今回は、茨城県護国神社

茨城県護国神社(いばらきけんごこくじんじゃ)は茨城県水戸市の偕楽園桜山にある神社(護国神社)
茨城県下の戦没者を祀る
神紋は丸に桜紋

明治11年(1878年)、明治維新前後(嘉永6年以降)に殉じた水戸藩士約1800柱を祀るため、常磐神社の境内の現在の東湖神社の場所に立てられた鎮霊社を起源とする
その後、茨城県出身の戦没者を逐次合祀していった
1939年4月に鎮霊社護国神社に改称した
昭和15年(1940年)に独立の神社となる
昭和16年(1941年)10月、内務大臣指定護国神社となって茨城県護国神社に改称し、同年11月に現在地の偕楽園内の桜山に遷座した

敗戦後、護国神社は軍国主義施設と見なされ、存続を図るために改称を余儀なくされた
茨城県護国神社もそれに続き、1945年8月に地名により桜山神社となった
平和条約を締結し、日本が独立を回復すると、1954年10月にもとの社名に戻した

戦後は県に関係した軍人、軍属の霊を合祀している。現在、ほとんどの戦没者の合祀が完了し、祭神の数は63,494柱となる


祭神:木花開耶媛命
桜之宮は境内中央の参道沿いに位置している。桜の木の前に小さな社殿が東向きに置かれている
祭神を木花開耶媛命としている



茨城縣護國神社
祭神:木花開耶媛命

タイトルとURLをコピーしました