資本主義や共産主義って一体何?

この記事は約7分で読めます。

コロナウィルスの武漢封鎖で明らかになったのが中国の政治
日本では、信じられないような対策でしたね

学生時代に習った記憶のある「経済体制」について、すっかり忘れてしまったという人も多いのではないでしょうか?今さら聞くのも恥ずかしいけれど、きちんと理解したい気持ちもありますよね。
例えば日本は資本主義国家ですが、その特色は?

そして、ひと昔前は、社会主義といわれていたが、社会主義と共産主義はどこが違うのか?
その辺も含めて書いていこうと思います

 資本主義って、そもそもどんな主義

自由な経済体制のことです。
資本主義とは、働いたらその労働力に応じて報酬が得られるという制度であり、自由に経済活動を行える社会です。モノの価格やサービスの内容は市場の競争によって変動し、これを市場主義といいます。一般的には競争によって価格はより安く、サービスはより質が高くなりますが、需要が多ければ価格が上がることもありえます。
また、業績の良い会社に就職して多くの報酬を受け取る、起業して稼ぐなどの選択肢は本人次第です。成功すればたくさんの富を手にするかもしれません。しかし逆の場合、失業や生活苦のリスクもあります。
資本主義の反対にあるのが社会主義です。社会主義の国では、財産は国家が所有し、資源や労働力やモノの値段などは国が管理します。国民には労働量に関係なく、一律の対価が支給されます。

日本はいつから資本主義なの?

明治維新以後、とされています。
明治維新で「士農工商制度」が廃止され、「市民が好きな職につける」といった資本主義の基礎が築かれました。なお、世界的には18世紀後半から19世紀半ばに起こった産業革命によって、資本主義が発達しました。

同じ資本主義の国でも政治体制は違う?

資本主義とは国の経済に対する考え方であり、政治体制とは別なのです。
日本には天皇制度がありますが、天皇は象徴であり、国を動かす決定は内閣、ならびに国会が行います。これを「議院内閣制」といいます。アメリカは大統領制で、議会はありますが国王は存在しません。フランスでは大統領と首相が存在しますが、大統領が強い権限を持ちます。そしてイギリスは日本と同じ議院内閣制です。国王は元首ですが統治権限を持たない、という点で日本の天皇制と類似性がありますね。
経済は同じ資本主義でも、統治方法は国によってさまざまです。

社会主義と共産主義の定義

社会主義は、個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想、運動、体制。
歴史的にも社会主義を掲げる主張は多数あり、社会改良主義、社会民主主義、無政府主義、国家社会主義なども含む

共産主義とは、政治や経済分野での思想や理論、運動、政治体制のひとつ、財産の一部または全部を共同所有することで平等な社会をめざす。
その理念、共有化の範囲や形態、あるいは共産主義社会実現のための方法論などには古くから多数の議論があり、このため「共産主義」の定義は多数存在している

共産主義は、コミュニズム(ドイツ語: Kommunismus、英語: communism)の日本語訳で、語源は「共有」や「共有財産」を意味する
なお、Communismの日本語訳である共産主義の「共産」は、「公業を行う」ことから作られた言葉

社会主義と共産主義の違いは?

共産主義は社会主義以上の平等主義です。
社会主義は国が管理する平等な経済主義で、財産の保有も一部認めるとされます。しかし共産主義では、「資産はすべて共有」です。国の関与も不要となり、一人ひとりの意思ですべての人が平等になるという経済が共産主義です。国という管理者なしでも平等になれる一種の理想世界ともいえます

未来社会について、これまでは、生産物の分配の仕方を基準にして、「能力に応じて働き、労働に応じて受けとる第一段階」=社会主義と、「能力に応じて働き、必要に応じて受けとる」という「高い段階」=共産主義という区分でとらえることが国際的な“定説”でした。
しかしこれは、科学的社会主義の学説をつくりあげたマルクスやエンゲルスの考え方ではなく、レーニンが『国家と革命』のなかで展開したもので、のちにスターリンらによって、ソ連社会を美化する道具だてとして最大限に利用されました。
マルクスやエンゲルスが、未来社会の中心的問題としたのは、分配問題ではなく、生産様式の変革=「生産手段の社会化」にありました。

日本共産党は、今回の綱領改定にあたり、「レーニンのマルクス解釈の誤りを是正することを含め、従来からの国際的な“定説”を根本的に再検討」(「綱領改定についての不破議長報告」)し、「社会主義的変革の中心は、主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化である」「社会化の対象となるのは生産手段だけで、生活手段については、この社会の発展のあらゆる段階を通じて、私有財産が保障される」と、明確に記しました。
マルクスやエンゲルスは、用語上も「社会主義」と「共産主義」を同じ意味で、状況に応じて使っていました

日本共産党より引用

市場主義的な社会主義もある?

社会主義を維持しつつ、市場経済を積極的に導入している国もあります。
例えば、中国は社会主義の国ですが、世界第二位の経済大国です。1970年代末より、経済特区として外資の導入や開放政策を進め、1993年には「社会主義市場経済」と呼ばれる新しい経済体制を採用しました。ベトナムも中国に近い政策を行っています。


「共産主義」については、平等社会の中でも、社会主義がさらに進んだより理想を目指す思想と言えます

シンボルは、赤旗と鎌と槌

共産主義のシンボルには、社会主義と同様に赤色や赤旗が広く使用されている。また特にマルクス・レーニン主義系の共産主義を表すシンボルには赤い星や鎌と槌なども使用されている。

赤旗(あかはた、せっき、英: red flag)とは、赤色の旗で、フランス革命以降は政治的には革命あるいは革命思想である社会主義や共産主義を象徴する旗である。

鎌と槌(かまとつち、鎌と鎚とも)鎌と槌を組み合わせた標章。農民と労働者の団結を表し、マルクス・レーニン主義の共産主義や共産党のシンボルとして使われている。

ソビエト連邦は、「鎌と槌」の元祖であり、「鎌と槌」を国旗と国章としている国家で最も知られる国家である。

「鎌と槌」の前には、もともとは鎌と鋤(すき)を組み合わせたシンボルが使われ、「鎌と槌」と同様に労働者と農民の団結を意味していた。鎌と槌は1917年から1918年の間から使われるようになったが、1922年までは鎌と鋤が公式のシンボルであり、赤軍などの軍服や帽子、勲章に用いられていた。

マルクス・レーニン主義を掲げる国
中華人民共和国
ベトナム
ラオス
キューバ

その他(現在はマルクス・レーニン主義を掲げていない国)
朝鮮民主主義人民共和国

G7(主要国首脳会議) に中国が入っていない理由

G7(ジーセブン)は、英語: Group of Seven の略で、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7つの先進国のことである。

1.サミットは、そもそも 東西冷戦時代に、中国・ソビエトに対抗して先進国が対策を協議するために始まった。
2.中国は領土拡大政策をとっている。
2015及び2016伊勢志摩サミット 外相会合においても東シナ海 南シナ海における緊張を懸念する事項を話し合っている。
中国を入れれば、このような話し合いができない。
3.EU(欧州連合)は、中国を市場経済国として認めていない。
4.中国は共産党一党独裁であり、民主的選挙は事実上行われておらず、基本的人権も守られていない。

まとめ

違いがなんとなくはわかりましたか?
また余談ですが、
かつて、ソ連のゴルバチョフ書記長は日本を訪れた時に次のような言葉を述べたという。
「日本は世界で最も成功した社会主義国だ」
要は、日本は理想的な社会主義国家だということを述べられたらしい。

ゴルバチョフ書記長が日本に旅行して直ぐさま直観的に「この国は社会主義国家だ」と解るわけはないので、日本に来る前からゴルバチョフ書記長の頭の中には「日本は社会主義国家」という認識があったということになる。

考えてみれば、一律した学校教育、インフラ等「みんな」同じように成長してきた。
ある種一律した教育と貧富の格差が少なく思えるバブル世代は幸せのように見えたが、日本土着の出る杭は打たれ、長いものに巻かれる全体主義は資本家と労働者の格差を水面下で広げていっただけであった
格差の広がる国に起こることは金銭の寄り集まる機関に政治家が集まり、一部の優秀な人材でのみ国家の意思決定をはかることだ。

世の中を変えられないまま高齢化が進み、投票権を剥奪されない知能の低い人間が多数を占める老人に日本の未来を操られると考えると若い世代が絶望するのも当然である。
今の日本は民主主義の化けの皮を被った完全なる社会主義国なのかもしれない
それでも、私は日本が好きだ。

タイトルとURLをコピーしました