悪態祭りでバカヤロー【日本三大奇祭】

この記事は約2分で読めます。

当日の状況はこんな感じでした
動画をご覧ください

茨城県・笠間市で行われた
悪態祭りに参加してきました
結果から言うと、かなりの奇祭です

天狗に興味のある方はコチラも読んでみてください


なかなか理解できないので、事前に少し調べていったのですが
詳細が詳しく載っていない為、wikipediaから転載します

天狗に扮した者らが愛宕山中の祠を巡り供物を捧げる
その際、氏子達13名は愛宕神社社務所で白装束、白マスクを着用し大天狗1名、小天狗12名に扮装する
供物を捧げるべき祠は以下の18箇所である

各祠では供物を我先に奪おうとする参詣者が先回りして周りを取り囲んでいる
天狗は彼らをかき分け、神職が通る道を開ける。そして天狗が持っている藁ゴザが祠の前で開かれ、そこに餅等の供物入れた箱を持った天狗が餅等をカワラケの上に置き、神職の無言の祝詞が始まる
その祝詞が終わるか終わらないうちに参詣者が供物を横さらいする

時に参詣人同士で激しい争奪が起こる

本殿で無言の神事が行われ、天狗に供物が手渡される
神事が終わると、天狗13名と神職1名が車で愛宕山の麓まで下り祠への巡拝が始まる
この時、小天狗は青竹を持っている
これは供物を奪おうとする参詣者を叩く為のものである
最後の祠への巡拝が終わると神職と天狗達は愛宕神社に戻る

天狗達は白マスクから天狗の面に付け替えてから、境内に集まった参詣者への餅まきを始める
巡拝中持っていた青竹も参詣者に与えられ、祭りは終了する

全ての行動時、罵声を浴びせらるが、無言を貫く

前回来たときは、この本堂の天狗は見れませんでした
お祭りだから、特別に解放されたと思います


13天狗の祠


神職の方に、この神社は天狗をちゃんと祭っているという事と
天狗が大好きと伝えたら、こんな本を紹介してくれました
今度読んでみようと思います

悪態祭り限定

日本三大火防神社(日本火防三山)の一社
祭神
伊邪丹大神(いざなみのみこと)を祭ることからも火に強い関連があるとわかる

タイトルとURLをコピーしました