都農神社 日向国一之宮

この記事は約1分で読めます。

日向国一之宮の都農神社
明治以前は「宮崎社」「宮崎宮」とも称されていた

祭神
大己貴命 (おおなむちのみこと)
大国主命(おおくにぬしのみこと)に同じ
古くからの都農町一帯の守り神であることから、土地の神として大己貴命を充てたものであるとされている

社伝によれば、神武天皇即位の6年前、天皇が東征に向かう際に鎮祭したことに始まるという
また神功皇后が三韓征伐に際して舟の守護神として「吐乃大明神」を勧請したとの『塵添壒囊抄』の記事を引用して、皇后が凱旋後に社殿を造営したのが初めであると伝えている


都農町一帯には縄文時代以来の遺跡が分布するほか、円墳や前方後円墳など20基以上の古墳(都農古墳群)もあり、当社鎮座地付近からも土器・石器類が出土している
このように早くから人が居住していたことが知られ、守護神としての当社の歴史も太古の昔に遡るものとされる


都農神社 日向国一之宮
祭神 大己貴命 (おおなむちのみこと)

関東は、制覇したので
移動が大変になってきました

宮崎観光 行程表
宮崎県に行くのですが、目的は久々の一之宮巡り 関東は、制覇したのでいよいよ  移動が大変になってきました まずは、宮崎県から攻めてみましょう 予定は3泊、ぎっちり行動できるのは2日間 と言っても、高千穂のほうまで足を伸ばすわけ...
タイトルとURLをコピーしました