『ブラックレイン』

この記事は約3分で読めます。

作品紹介

Black Rain – Sato (1989)

スタッフ・キャスト

監督 リドリー・スコット

脚本 クレイグ・ボロティン
ウォーレン・ルイス

出演者 マイケル・ダグラス
アンディ・ガルシア
高倉健
ケイト・キャプショー
松田優作
若山富三郎
小野みゆき
内田裕也
ガッツ石松
安岡力也
島木譲二
ジョン・スペンサー
ヴォンディ・カーティス=ホール
國村隼

日本の俳優が数多く起用されている

協力:日産自動車、スズキ、松下電器産業
作中でも、日本メーカーの製品が多く使われている

あらすじ

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニック(ダグラス)とチャーリー(ガルシア)両刑事は、その犯人佐藤(松田)を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。
府警の松本(高倉)の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった。

感想

松田優作の遺作になります
このとき松田優作はガンを患っていたが、周囲に病を告げず、延命治療を拒否、生命を削ってつくりあげたかのような狂気…
この演技を超える演者を私は知らない。

そして、松田優作の遺作ということで注目が行きがちだが、高倉健の演技もものすごい
いい意味での日本らしさを海外の監督が、表現できるというのは凄い
あいまい、上司に従うしかない、横並び等の日本らしさが良く表現できていると思う

正直、松田優作が凄いとは聞いていたが作品を見たことはなく
繰り返し、放送される太陽がほえろの殉職シーンしか見たことがなかった

大阪の高度経済とバブルにわく街並みも注目だ
いろいろとツッコミどころのある映画ではありますが、松田優作の集大成にして最高傑作といっても過言ではないでしょう。
本来は最後に死ぬはずだった佐藤ですが、彼の演技に衝撃を受けたリドリー・スコットが、続編を作るためにラストを変更したというのは有名な話。
それを聞くと尚、彼の早すぎる死が残念すぎてなりません

有名作としては、ラストサムライまで日本人のハリウッド進出はありませんでしたが、松田優作が生きていればもう少し早い進出が見込まれたかもしれませんね
私は、こう評価しました
4:面白いし満足度が高い作品。他人に是非勧めたい。何度も見れる

評価基準はこちらを参照してください

私の視聴結果の基準を指標化
評価を数値化、指標化すること 面白さの指標化が出来るって良い事だなと常々思うんですけど、今まで特にそういう評価基準みたいなのを記事に設けて無くて、今更この素晴らしいシステムを導入するのもどうかとしばらく悩んでいたんですけど、あった方が絶対...

実際、私は吹替を見た後、字幕をみました
どちらでも、楽しめる作品です

日本人なら一度は見てみても損の無い作品ですよ
日本人らしさの表現に注目して観てください
30年前の作品は、とても思えないですよ

ブラックレインの製作費は60億円だった 当時としては桁違い

タイトルとURLをコピーしました