鵜戸神宮

この記事は約1分で読めます。

鵜戸神宮(うどじんぐう)は、宮崎県日南市にある神社
日向灘に面した断崖の中腹、東西38m、南北29m、高さ8.5mの岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座し、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっている
ちなみに、三代下り宮の一つである

三大下り宮
一之宮貫前神社(群馬県)
鵜戸神宮(宮崎県)
草部吉見神社(熊本県)

主祭神:日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(神武天皇の父)
鵜戸神宮(宮崎県日南市)はこの時の産屋の跡と伝えられる


日向三代(ひむかさんだい/ひゅうがさんだい)とは
日本神話において、地神五代のうち、瓊瓊杵尊・火折尊・鸕鶿草葺不合尊の3柱の神々およびそれらの神々の時代を指す用語
日向三代の第三代の舞台でもある

宮崎観光 行程表
宮崎県に行くのですが、目的は久々の一之宮巡り 関東は、制覇したのでいよいよ  移動が大変になってきました まずは、宮崎県から攻めてみましょう 予定は3泊、ぎっちり行動できるのは2日間 と言っても、高千穂のほうまで足を伸ばすわけ...
タイトルとURLをコピーしました