『賢者の愛』連続ドラマW

この記事は約2分で読めます。

地上波・映画・アマゾンプライム(有料)で見た作品を紹介していきます
*ほとんどレンタルは利用しません

作品紹介

賢者の愛  WOWOWプロモーション

主演 中山美穂
歌手デビュー30周年を迎え、WOWOW初出演。
原作は、直木賞作家山田詠美。
「賢者の愛」(中央公論新社刊)

あらすじ

編集者の父と医師の母のもとで裕福な家庭で育った高中真由子は、隣家に転居してきた成金趣味の家族の長女で2歳年下の朝倉百合と急速に親密になる。
しかし真由子が中学3年生の時に百合が原因で父が他界し、さらに21歳の時には百合から幼少時より思いを寄せる澤村諒一の子どもを宿したと知らされ、父と初恋相手を奪われて愛と友情は深い憎しみへと転じる。

真由子は編集者となり、小説家となった諒一と百合との間に誕生した息子の名付け親となって『痴人の愛』のナオミより直巳と命名。以来20年以上にわたって22歳年下の直巳を徹底的に調教することにより復讐を遂げていく

スタッフ・キャスト

原作:山田詠美
脚本:Sawa
監督:源孝志

出演者:
中山美穂
高岡早紀
竜星涼
浅利陽介

感想

WOWOWのドラマは面白いものが多いので好んで見ております
さて、今回のドラマは4話で完結するのでとても見やすい

山田詠美の原作なんですが、中山美穂が歌手デビュー30周年で主演
しかし、悪女?役をやらせたらピカイチの高岡早紀が主役を喰ってしまうくらいの演技の上手さ
中山美穂の演技は、代り映えしないというか、抑揚がないというか
どうしても、高岡早紀と比べてしまうと厚みが無いと感じてしまう

復讐のために親友の息子を20年掛けて調教するというお話。

私はこう評価しました
2.5:ギリギリ見れた、2度は見ない

私の視聴結果の基準を指標化
評価を数値化、指標化すること 面白さの指標化が出来るって良い事だなと常々思うんですけど、今まで特にそういう評価基準みたいなのを記事に設けて無くて、今更この素晴らしいシステムを導入するのもどうかとしばらく悩んでいたんですけど、あった方が絶対...

WOWOWドラマはハズレが少ないのですが、久々にハズレました
はっきり言って、全然おもしろくありませんでした。

たしかに、中山美穂の濡れ場だけが見どころだったのかもしれません。
そして、残念なことに「劣化した」中山美穂は、画面映えでも、演技でも圧倒的に高岡早紀に負けていました
ただ、脚本とキャストはとても良かったので残念でならない

タイトルとURLをコピーしました