塩釜神社 陸奥国一之宮

この記事は約2分で読めます。
仙台めぐり②塩釜・松島

塩釜神社 陸奥国一之宮

鹽竈神社は古くから東北鎮護・陸奥国一之宮として存在する神社。
志波彦神社は、宮城郡岩切村(仙台市岩切) に鎮座していたが、1874(明治7)年に鹽竈神社の別宮本殿に遷祀。
志波彦神社は、本殿・拝殿何れも朱黒の極彩色漆塗りで、1963(昭和38)年、塩竈市の文化財に指定された。
初詣には多くの人が訪れる。

鹽竈神社は式外社、陸奥国一宮。両社合わせて旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
神紋は「塩竈桜」。
鹽竈神社は、全国にある鹽竈(鹽竃・塩竈・塩竃・塩釜・塩釡)神社の総本社である。

鹽竈神社 祭神

志波彦神社
・志波彦大神

鹽竈神社
別宮:塩土老翁神 – 主祭神
左宮:武甕槌神
右宮:経津主神
塩土老翁神は謎の多い神であるが、海や塩の神格化と考えられている。神武天皇や山幸彦を導いたことから、航海安全・交通安全の神徳を持つものとしても見られる。また安産祈願の神でもある。

武甕槌神(茨城県鹿島神宮主祭神)・経津主神(千葉県香取神宮主祭神)は共に高天の原随一の武の神として国譲りに登場し、国土平定の業をなした神です。
塩釜神社の社伝によれば、東北地方を平定する役目を担った鹿島・香取の神を道案内されたのが鹽土老翁神の神であり、一説には神々は海路を亘り、七ヶ浜町花渕浜(現在の鼻節神社付近)からこの地に上陸されたと言われ、又鹽土老翁神はシャチに乗って海路を渡ってきたと言う伝えもあります。

やがて鹿島・香取の神は役目を果たし元の宮へ戻りましたが、鹽土老翁神は塩釜の地に残り、人々に製塩法を教えたとされています。塩釜の地名の起こりともなっております。

仙台藩伊達家がよせた崇敬は特に厚く、伊達氏が当地を治めた江戸時代以降から明治時代に至るまで、歴代仙台藩主は「大神主」として祭事を司ると共に社領・太刀・神馬などを寄進した。

御朱印


見開きでいただきました

アクセス


公共交通機関
JR仙石線本塩釜駅から徒歩15分

お車でのルート
三陸自動車道利府塩釜ICから県道3号・一般道を経由し、県道3号を仙台塩釜港方面へ車で4km。
<無料>駐車場あり(300台)。

タイトルとURLをコピーしました