バガンからマンダレーの移動は、OKバス

この記事は約3分で読めます。

 バガンからマンダレーへの移動方法

バガンからマンダレーまでは直線距離で160km程
移動方法としては、
バス・フェリー・鉄道・飛行機があるようです

私は、バスで移動しましたが目安となる時間を、移動方法別に載せてみます
バス:約5時間(日本円にして、650円ほど)
鉄道:所要時間が8時間と遅い
フェリー:所要11時間と遅い&川の水量が少ない乾季は欠航リスクが高い
飛行機:遅延が怖い&マンダレー空港が市街地から30Km以上離れている 時間的には一番早い

あとは好みになりますね
コスパ的は、バスが一番だと思います

バスで移動した時の話

バガンからマンダレーのバスの時刻表

シーズンや曜日によっても運行スケジュールが変動するかと思うので、最終的には各自で確認してください

05:00発10:00着 OK BUS, US$8.6
05:30発10:30着 Moe Thout Tun, US$8.6
07:00発12:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
08:00発14:00着 Aye Chan Maung, US$7.3
08:30発13:30着 OK BUS, US$8.6
09:00発14:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
09:00発15:00着 Pyi Taw Aye, US$8.2
12:00発17:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
12:00発18:00着 Pyi Taw Aye, US$8.2
13:00発18:00着 OK BUS, US$8.6
14:00発19:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
14:30発20:30着 OK BUS, US$8.6
14:30発20:30着 Pyi Taw Aye, US$8.2
16:00発21:00着 OK BUS, US$8.6
17:00発22:00着 Moe Thout Tun, US$8.6
17:00発23:00着 Pyi Taw Aye, US$8.2
20:30発01:30着 Moe Thout Tun, US$8.6
結構な数で、充実しています

私が、予約した方法と体験談

事前の下調べでバガンからマンダレーの移動はバスでと決めていた
ホテルにチェックインした時に、フロントでバスの予約を頼んだ

ホテルに、いくら入るかは謎だが(ホテルの取り分)
私の払った金額は、9,000チャット
日本円にして、650円ほど

OKバスという名称は、日本人にもなじむ
車で5時間の移動が、650円なら日本の感覚でいくと
いくら上乗せされようが、安い

ホテルのフロントつまり
その場で、チケットを発行してくれた
バス会社とどういう、連携になっているかは謎だがすごく便利です

しかも、バガンのホテルまで迎えに来てくれて
マンダレーのホテルの前まで送ってくれるとの事

ホテルのチェックアウトをギリギリまで伸ばし、ロビーで待っていると
すぐに、迎えに来てくれた
マンダレー行きをバスで予約したのは正解だった

ドナドナ体験をし、大型バスに乗り換える
白人の方は、大興奮していた
たしかに、日本に住んでいたら出来ない体験だ

途中、何度か休憩所を経由
売り子が殺到する
多分、これで生計を立てているのであろう

なにしろ、周りには何も無い
何もないところで、お金を生むのは大変だ
私は、華麗にスルーしたが、売り子も必死だった

マンダレーへの道のりは、とにかく悪路
といっても、ミャンマーでは綺麗な道なのかもしれないが
日本の道路では、考えられないような道
睡眠にはちょっと、きついかも知れない…

夕方にはマンダレーに到着し
小さいバスに乗り換えて、2度目にドナドナ体験

感想

乗る前に金額的に、おんぼろバスを覚悟していたが
動画を見てもらえばわかると思うが
ドナドナ体験以外は、何の不自由もない

なにしろ、このドアtoドアサービスは楽ちんです
金額的にも、700円以下ですし

移動する際は、参考にしてみて下さい

 

タイトルとURLをコピーしました